日経225のしくみ

 

日経225はどのような仕組みになっているのでしょうか。日経225の仕組みについて紹介していきたいと思います。日経225というのは、株価指数に基準を作っています。この日経225の株価指数の基準に対して、毎日どのようにして株価が動くのか、連動して指数を上げたり下げたりしています。例えば、三つの会社があり、この会社の株の値段が、それぞれ、1500円、1000円、500円ということになっていた場合に、この三つの株の平均は1000円ということになりますね。これが基準指数の100ということになります。この三つの銘柄が、翌日1100円になれば、指数は110です。こういった仕組みを日経225の225の銘柄の平均を計算して、指数を出しています。会社は株を増やして世の中での流動性をアップさせるために色々と分割したりしてくると思います。ですから、平均を計算するときには、数が増えているかもしれないという可能性もありますから、単純に225で割っているのではなくて、除数をあらかじめ決めておくことで指数が連続に維持されるように保っています。
日経225の仕組みはわかったでしょうか?例に挙げた3つの会社の銘柄、三つの銘柄ではなくて、これが225の銘柄になっていると思っていただければいいと思います。意外と初心者の人はわかりにくいと思いますが、取引をしていくうちに段々わかってくるのではないでしょうか。

日経225のデイトレード

 

日経225のデイトレードは、その日中に、反対売買をしてしまうという取引のことを言います。1日の間で完了させる、とても短期の投資の方法で、株でもFXでもデイトレードはありますが、日経225にもデイトレードはあるのです。FXでは特に主流なデイトレードですが、株のデイトレードは少々危険とも言われています。株の場合にはその日のうちに出た株が上がった材料の影響があまり受けないことがありますから、あまりデイトレードで儲けが出るということが少ないのです。ですが、その日のうちに売買は完了になりますから、マーケットが終わった後に出る株の上昇材料の影響はあまり受けないということが、反対にメリットにもつながることもあります。
買っていた銘柄にかかわっている会社などが不祥事を起こしてしまった場合には、次の日には株価が急激に下がってしまうこともあるのですが、日経225の場合には、それはありませんし、リスクは小さいといえると思いますが、個別銘柄のケースになると、少し不安で寝れない人も出てくるかもしれませんね。
一般的な取引の場合には、予想外に不祥事が起きてしまった場合には、かなり影響を受けて損をしてしまうこともあるのですが、日経225のデイトレードの場合には、予想外のことがあったとしても、それほど損をしないというのが、特徴です。
日経225の場合には、差金決済に特に縛りはありませんから、価格の変動がかなり激しい時でも、1日の間で売買を完了することで、資産が短い期間で増せます。

日経225のデメリット

 

日経225にも投資ですからデメリットはあります。日経225のデメリットというのは、リスクということになりますが具体的にはどんなリスクがあるのでしょうか。投資というのは日経225に限ったことではないのですが、ハイリスクハイリターン、ローリスクローリターンが基本です。リスクやリターンがバランスよく釣りあいがとれているのが投資の特徴です。ローリスクローリターン何てものは、あまりこの世の中にはないと思ってもいいと思いますし、ロールリスクハイリターンもあってはいけないことです。日経225のデメリットとしてこのようなリスクについて理解しておくことが大切あると一つ挙げることができます。
日経225というのは証拠金取引ですから、少しの資金で大きな取引が可能です。日経平均がかなり大きく動けば、証拠金以上のリスクで損失が出ることも避けられないことです。また、日経225の取引をしていて、証拠金が減れば減っただけ、追加入金をしなくてはいけませんから、投資資金をすべてつぎ込んでしまうと、日経225の取り機をする上でハイリスクを背負うことになるので注意が必要です。
株取引のメリットのような配当金制度もなければ、株主優待制度もありませんから、こういったことがないというのが、日経225のデメリットといってもいいかもしれませんね。損が大きくなってきたと感じた場合には、日経225ではできるだけ早めに切り捨てて損切りをしたほうが、いいのかもしれませんので注意しましょう。